アニメ文化

ネットのコアなユーザーがアニメ文化に偏っていると思い勝ちなのは、私の主観だけでしょうか。
それがネット文化を形成しているかどうかは疑問が多いところかもしれません。

素直なユーザーはかわいいキャラクターに画面越しに、恋愛感情をもたれたりしたら、コロっとやられてしまうのかもしれませんよね。
その相手とどうにかなったという話は当然のことながらあまりききません。

聞いたとしてもゲーム機械が手放せなくなったとか、少し寒い話はきいたことがあります。
目を覚まさなくてはならないと感じ始めているのは私だけなのでしょうか。
疑似恋愛は、実はゲーム業界のキーワードであり、市場拡大のジャンルです。

二次元の異性を相手にゲームを楽しむというジャンルが確立したのは、ゲーム業界も努力の結果なのかもしれません。
しかし、二次元の異性にお熱を上げている様子を見ると、将来が不安になるのは老婆心なのでしようか。
一生続くものとは言えないでしょうから、楽しめるときに楽しむということでしょうね。

アニメを愛するのはいいのですが、押し付けは迷惑です。
たまたま少しだけ話が合ったとしても、鋭く突っ込んだり、まくしたてるのは相手に引かれます。
こういう部分でオタクは気持ち悪いというレッテルを貼られやすいのではないでしょうか。

紳士的に振る舞いましょう。
アニメを中心に世界が回っているわけではありませんからね。

«
»