書籍の電子化と本の温かみ

パソコンや携帯電話、タブレット端末の普及により、書籍の電子化が顕著だ。
出版業界は伸び悩み、ペーパーレス化が進んでいる。この状態に戸惑っている人も多いのではないだろか。

電子機器の長所は、簡単に書籍を手に入れることができ、荷物としてかさばらず、どこへでも持っていける。
その反面、機械であれば仕方ないことだが、無機質な雰囲気はある。
もっと大きな視野でみれば、出版業界の縮小は、良い作品が世の中に出てきにくいともいえる。

反して書籍の長所は、紙の温かみがある。
私は小説を購入する時、内容もそうだが、表紙も選択基準の大部分を占めている。

お気に入りの本を、何時間もかけて見つけ、コレクションしている。ただそれは、いたずらに時間とスペースを使っているという短所もある。
合理的に考えれば電子機器が便利だろう。

だが、人間だからこそ感情があり、合理的という理由だけでは割り切れないものもある。
この状態に私は戸惑っている。

便利さは追求したいが、出版業界の縮小などは避けたいからだ。
この2つの選択に納得するまで私は書籍を買い続けるだろう。
どうしようかと悩むこと、本当はそれさえも楽しんでいるのかもしれない。

電子書籍でも実際の書籍でも、作品に違いは無く、ケースバイケースで使い分けすれば良い。
本の読み方ひとつとっても、ひとつのやり方に執着する時代ではないのだ。

アクセサリーの魅力
チタンピアスの安全性
チタンピアスはノンアレルギーの金属なのて肌が弱い女性でも安心安全
www.nadeshiko-st.com/
関連:www.bowsville.net

«
»