日本の食文化

食文化は食源と食器の開発と利用、食品の生産と消費、飲食業のサービスと接待、飲食業と食品製造業の経営や管理など、いろいろ含めています。

食文化は時代、地域、経済、風俗などとつながり、特定の文化として展示できます。

一般的に欧米人にとって、日本食品はすき焼き、和菓子、お寿司などがあります。
近年には、日本食品は世界中に有名になりました。わざわざ日本に来て、新鮮な刺身と柔らかい天ぷらを味わう外国人観光客もたくさんいます。

雪が降る日に、温泉に入りながら清酒を飲みます。
また、浜辺で肉を焼きながらお酒を飲みます。
自分で魚を釣って料理します。

さまざまな楽しみ方があります。
実は、これらは全部日本特有の食文化だと思います。
日本特有の食文化は観光業とつながり、経済の発展にも大きな影響を与えると思います。

逆に、日本ではメジャーな料理の材料として扱われていても、ある国では絶対に食べないものなどがあります。
例えばタコですね。
タコの調理法は、日本では様々ですが、宗教上の理由で食べない国もあります。

クジラなども問題に上がっていますが、自給率の低い日本では、多くの食材を輸入に頼るほかありません。
せめて調理法は、輸出あるいは伝授できるものとしておきたかったのでしょう。
日本食がヘルシーであること、諸外国からも認知度が高まりつつあるようです。

安心セカンドピアス
将来のオシャレのために安心なセカンドピアスを選びたいならコチラ
www.nadeshiko-st.com/

«