土踏まず

足は、小さな面積で体重を支えています。
大きな荷重がかかるだけでなく、歩いたり走ったり、様々な力が加わります。
それをしっかり支えるために、足の裏はアーチ状になっていて、そのアーチの部分が「土踏まず」です。

あかちゃんの足にはまだ、土踏まずがありません。
歩いたり走ったりするようになる幼児期に、足が引き締まってきて土踏まずが出来てくるものなのですが、最近の子どもたちには、この土踏まずが形成されない傾向が出てきています。

それは、足の指がうまく使えていないことが土踏まずができないことに起因するそうです。
足の指を使わなくなった背景には、外で遊ぶことが減ったことが挙げられます。

また、常に靴下や靴を履いた状態では、足の指が動かせません。
足の指をうまく使えるようになるために理想的な履物は、昔ながらの下駄やぞうりです。

歩くごとに指で鼻緒をつかまなければならず、必然的に足の指を使うので、土踏まずを形成するのに役立ちます。
草履での生活を推奨している幼稚園もあり、園庭を草履で走り回る園児の姿が見られます。

ダイビング大好き
キャンプは石垣島の海辺でダイビング
大きなショップでは真似出来ない心に残る思い出いっぱいのサービス
www.blue-water-divers.jp/
関連:www.marie-de-mazet.com

«
»