ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品をすすんで使う意識は持っていますか?

何となく、ジェネリックは非正規品だから効果が変わる、という認識を持ってしまいますが、それが我々が勉強不足だけなのかもしれません。

ジェネリック医薬品について考えてみます。

まず、基本的な知識をおさらいしておくと、医薬品は一般用と医療用に大別されます。
新薬は特許で20年間保護されるのですが、この期間の切れた特許で作られた医薬品が、俗にいうジェネリックなのです。

この説明を読むと、成分は同じである、と判断出来そうですよね?
ところが、細かいところまで突き詰めた結果、100%複製品は不可能に近い、と言われていることから、ジェネリックに対する偏見のようなものがあるのではないでしょうか。

薬価が安いというメリットだけを見て、ジェネリックを採用する医師がいないのは、やはり我々素人には知り得ないことがあるのだと考えていいでしょう。

生物学的には同等と証明されていながら、実際に、効果に違いが見られるという現場の声もあることと、後発医薬品に精通したMR(医薬情報担当者)がいないことも、普及を妨げている要因のようです。

普及にはしばらく時間が必要かもしれませんね。

模造品である、という認識を持っている方もいるかもしれませんが、欧米ではジェネリックが普通に利用されているらしく、やや日本は遅れ気味なのかもしれません。
しかし、効果に違いがあるという現場の声を知ると、とても踏み切ることが出来ないのもうなづけますよね。

もっと深い話をすると、日本の医療費負担の増大によって、国が積極的にジェネリックの使用を進めていることもご存知でしょうか。
薬価が低ければ、医療費負担も減る、という寸法です。
そのためにも普及活動と薬育がカギなのですが、専門家がいなさすぎるのは痛いですよね。

どちらにせよ、医師に直接、聞いてみると良いでしょう。

»