人材紹介会社に登録して若さをキープ

私は以前勤めていた会社を退職して3年になります。
会社理由での退職だったので、人材紹介会社への登録は会社側が後押ししてくれました。

自己都合退職だったら、ここまでの後押しは無かったかもしれません。

一緒に退職した友人は何社も登録して数をこなしているようです。
最初にカウンセリングを受け、履歴書と職務経歴書を作成します。

私の場合、この間担当者が2回も変わりました。
新しい担当者になってから、仕事の紹介はまだ一件もありませんが、自慢話は数十件に達しています。
担当者の方は50代くらいの方でしょうか?

幼少期から外国生活が長く、しかも各国を点々としていて、3か国語が喋れるそうです。
子どもは5人。

一人はアメリカ、一人はカナダに居て、数年前に一番下の子どもが生まれ、まだ4歳だそうです。
クルーザーを所有していて、ダイビングスポットまで行ってスキューバをするそうです。

私が沖縄好きで毎年行っている話をすると、沖縄にも住んだことがあるそうで、地図で毎回細かな観光話をしてくれます。
就職の細かな話がいつ聞けるのか少々不安ではありますが、それ以上に自慢話にストレスを感じ始めた私です。

このような中途半端な天下りを相手にしていると、捗ることも捗らないですね。
自分で自慢話を聴きたい人のためのセミナーでも開催して、気持ちよくしゃべってギャラを貰う方がいいかと思うのでしょうが、そこまでの発想と行動力は持ち合わせていないのでしょう。

私の今やりたいことと興味があること

私には怖い物や苦手なものがたくさんある。
例えば、車の運転はできることはできるしマイカーもあるのだが、できればあまりしたくない。
それから、高いところも好きではない。
豆腐も何が美味しいのか全く分からないし、狭いところにも恐怖を覚える。

他にも、数えればきりがないくらい色々な苦手がある。
しかし、反対に得意だったり好きなことも少なくはない。
アイスクリームにケーキなどのスイーツには目が無い。(自慢することではないのだが(笑))
それに、一人で行動することにも抵抗は全く無い。
一人で海外に行くことも全く怖くないし、一人旅は私の一番得意であり好きな事だ。
私の見た目がぼんやりしていることもあって、このような話をすると本当にびっくりされる。
どれだけ自身の無い人間だと思われているのだろうかと、心配になってしまう(笑)
そして、今密やかに考えていることは、ダイビングをすること。
スキューバーダイビングをして、美しい海の中をゆっくりと見てみたいと思っているのである。
そのような話をすると、子供も目を輝かせて話にのってくる。
最近急に泳ぎがうまくなった彼女は、水に関係することなら何でもやってみたいと思っているらしい。
それはなかなか良いことだと思っている。
いつか沖縄の海を見てみたい。
青くて静かな海を見ながら、夕日を楽しめたらどんなに素敵だろうか。
もう40代になったと言うのに、大変である。
やりたいことが次から次から溢れてきてしまう。
まだまだお婆さんになっていられない。
やりたいこと、やらなければならないことがいっぱいあるのだから。

就活のときは会社の環境も見極めたい
変形労働対応の勤怠管理システム
働き方の多様性にマッチしたシステム
biz-work.jp/
関連:www.sheboygan-homes.com

«
»