人材紹介会社に登録して若さをキープ

私は以前勤めていた会社を退職して3年になります。
会社理由での退職だったので、人材紹介会社への登録は会社側が後押ししてくれました。

自己都合退職だったら、ここまでの後押しは無かったかもしれません。

一緒に退職した友人は何社も登録して数をこなしているようです。
最初にカウンセリングを受け、履歴書と職務経歴書を作成します。

私の場合、この間担当者が2回も変わりました。
新しい担当者になってから、仕事の紹介はまだ一件もありませんが、自慢話は数十件に達しています。
担当者の方は50代くらいの方でしょうか?

幼少期から外国生活が長く、しかも各国を点々としていて、3か国語が喋れるそうです。
子どもは5人。

一人はアメリカ、一人はカナダに居て、数年前に一番下の子どもが生まれ、まだ4歳だそうです。
クルーザーを所有していて、ダイビングスポットまで行ってスキューバをするそうです。

私が沖縄好きで毎年行っている話をすると、沖縄にも住んだことがあるそうで、地図で毎回細かな観光話をしてくれます。
就職の細かな話がいつ聞けるのか少々不安ではありますが、それ以上に自慢話にストレスを感じ始めた私です。

このような中途半端な天下りを相手にしていると、捗ることも捗らないですね。
自分で自慢話を聴きたい人のためのセミナーでも開催して、気持ちよくしゃべってギャラを貰う方がいいかと思うのでしょうが、そこまでの発想と行動力は持ち合わせていないのでしょう。

海の中を楽しむ
石垣島でダイビングスクール実施中
1日のゲスト受け入れ人数は最大でも8名様前後と無理のないシステム
www.blue-water-divers.jp/
関連:www.marie-de-mazet.com

«
»