着物の格

一概に着物と言っても、フォーマルから普段着まで格付けされていますので、それを知り、TPOに合わせた着物を楽しみましょう。
着物に合わせる帯や帯揚げにも、同じように格がありますので、合わせて覚えておきましょう。

既婚女性の礼装は、五つ紋付の黒留袖です。
次が色留袖となり、訪問着と続きます。
留袖や訪問着の柄の特徴は、「絵羽模様」という裾を一周まわる、繋がった絵が描かれるものです。

未婚女性の礼装である振袖も、この「絵羽模様」です。
裾だけでなく、上半身の柄も、縫い目に係わらずにつながっています。

附下や色無地、江戸小紋は、格は高くありませんが、ちょっとしたフォーマルとして、またおしゃれ着として、街着にも茶席にも着ることができる、オールマイティな着物です。
江戸小紋は、昔は武士の裃用に使われていたもので、遠目には無地に見えるような細かい柄が特徴です。

普段着として着る着物は、小紋やお召、紬などです。
あまりかしこまらずに、着物のルールを少し外して楽しめるのも、普段着の魅力です。

着物の問題点は、好きな時に着れないことでしょうか。
着付けをしてもらう人がほとんどでしょうし、さっと着付けが出来るお店などは、なかなか見つかりません。
大抵は美容室などが着付けもサービスでやっているところがあります。

しかし、急な対応は難しいでしょうから、自ら着物を着れると良いですよね。

«
»