物流会社サービス内容の革命

物流企業は一体化の物流サービス市場の激しい競争から優勢を取るつもりなら、顧客を中心として、自身の優勢を発揮して、運送、倉庫に蓄えること、配送などの機能的なサービスを基づいて、サービス内容を更新して、顧客に合うサービスを提供しなければなりません。

伝統的な物流サービスは運送、倉庫に蓄えること、配送などの機能で、荷物の空間と時間の変えることを実現して、こんなサービスを提供できる会社が多いので、業者同士との違いを区別しにくいです。
なので、サービス収益を高めることが難しいです。

こんな状況を変えるつもりなら、運送会社が革命する必要があると思います。
具体的に言えば、物流の基礎サービスから上層サービスに進むこと、物流機能サービスから管理サービスへ変えること、メッセージ物流や資金物流に変えること、この三つは重要だと思います。

物流と言えば、最近の通販会社と配送業者のサービス向上が著しいですね。
早く届ける、安く届けるということをミッションにしているのでしょう。
配送中の荷物の破損なども随分と減ってきましたが、海外からのものは、どうしてもリスクが高くなります。

ネット通販の一般化によって、配送で手間取る訳にはいきませんね。
お客さんも、通販で注文してから、少しでも早く手に取りたいという感情があるわけですから、有料でもお急ぎ便を利用することもあるでしょう。

«