マーケティングの重要性

ビジネスではマーケティングが重要ですが、マーケティングを市場調査と短絡的に結びつけるのは、いかがなものかという意見が増えてきていますよね。

マーケティングとは、実際は、どういう部分を意味するものなのでしょうか。

ビジネスに関する書籍でも、かなりの数がリリースされているカテゴリーが、マーケティングに関するものであり、それだけ需要が高く、かつ、ビジネスに求められるものであることがわかると思います。

米国のマーケティングを最新である、として、PDFファイルを販売する業者もあるようですが、米国だから最新であるという短絡的な結論付けは、ちょっと疑問ではありますが。

そもそも米国と日本では、文化等で大きく違いがあり、実際に最新であったとしても、日本流にアレンジが必要なものは多いはずです。
しかし、原理原則を読み取る、という目的ならば、どんどんと米国だけでなく、世界中のマーケティング理論を吸収するべきではないでしょうか。

もちろん日本でも優秀、つまり実績のあるマーケッターは多いですが、名ばかりマーケッターで、セミナー講師が主要業務ということもあるようです。

セミナーの集客もマーケティングによってなされるものですから、あながち間違いではないですけどね。
ともかくビジネスは集客が第一でしょう。

あなたは無料で景気回復できる

ビラ配りの人にビラを差し出されたら受け取ろう。
ティッシュ配りの人からは積極的にティッシュを貰おう。
誰だって自分の仕事を評価してほしい。

頑張りをほめて欲しいと思うのは一緒である。
だから街でチラシやティッシュ配りをしている人は、アルバイトだろうとなんだろうと、それが仕事であり一生懸命やっている。

その行為をぜひ温かく受け取ろうではないか。
労はキチンとねぎらわれるべきだと思う。

ポケットティッシュは消耗品の節約になるし、ビラはできれば家まで持ち帰り何かに利用してから処理したい。紙の材質によって、生ごみから出た水分を吸わせるとか、水分が垂れないようにガードに使うとか、何かしらに使ってみよう。

こうした宣伝材料グッズを作るために企業が印刷代などの製作費を使っている。
ポケットティッシュにチラシを入れ込む内職があり、それをアルバイトにして働いている人がいる。
それだけお金が回るのだ。

金は天下の回り物。

宣伝を受ける自分たちはタダで出来る心遣いを。
人の気持ちがきっと景気をよくしていくと私は信じている。

というのは妄想に過ぎず、現実を見ないといけない。
今どき、ティッシュを配ったところで、広告効果は薄いと思われ、実際に、街頭では見かけなくなった。
ティッシュを貰って喜ぶのは、大阪のオバチャンぐらいなもんだろうし。

やはりこれからはネットがマーケティングの主戦場になる。

»