女学校の跡地に個性派ショップならぶ

最近TVや雑誌によく実家の近くが紹介されます。
私はここで18年間育ってきたので、どの景色も当たり前というか、どうしてこんなに田舎なのだろうかと、十代の頃は不満に思っていました。

でも今になって田舎の空気や景色、それにこの地に住む人達が愛しくてたまらないです。
阿蘇に近いこの辺りには最近になって新しいスポットが誕生しました。

私のお気に入りスポットは元女学校の跡地にある古道具屋です。
100年の歴史がある建物は、女学校が1977年に閉校してからは縫製工場として使われていました。

空き家になっていたのをご夫婦が買い取られ、趣味の古美術店を営んでおられます。
そこにいろいろな方が集まって来て、今ではカフェやアトリエなど4店舗がオープンしました。
私は中でも古道具家が大好きで、買う買わないは別にしてお店に立ち寄らせてもらっています。

ここに来ると、映画の世界にタイムトリップしたような不思議な空気にふれることができ、心が癒されます。
ぜひ一度お立ち寄り下さい。

これからも店舗が増える予定とのことで、隠れたデートスポットにもなりそうな予感です。
当然、世の中逃れで禁煙ですが、喫煙スペースでは電子タバコを愛用する人や、単に喫煙部屋での話に加わりたい人で、ごった返していました。
(禁煙するなら、電子タバコの通販)

その左手には、新車購入予定なのか自動車のパンフレットが握られており、車検切れを機に買い替えを検討しているのか、幸せそうに話をしているようでした。

でも、わざわざそんな煙たいところで、そんな話をしなくてもと思うのですが・・・。

就活のときは会社の環境も見極めたい
変形労働対応の勤怠管理システム
働き方の多様性にマッチしたシステム
biz-work.jp/
関連:www.sheboygan-homes.com

«
»