二十四季節

情緒あふれる日本には、春夏秋冬をさらに細かく表現した二十四節季がある。
全部を覚えている人は少ないかもしれないが、そのうちの幾つかは、二十四節季とは知らずとも、使っている。

まず、夏至、冬至、春分、秋分。そして、立春、立冬。
もちろん、立夏や立秋もある。

立秋を過ぎれば、季節の挨拶を「暑中お見舞い」から「残暑お見舞い」に代えることから、馴染みがない様でいても実は、日常への係わりが伺える。

また、「茶摘み歌」の歌詞にある「夏も近づく八十八夜…」。
これは、春分から数えて八十八日ごろのことなのである。

小満、芒種、穀雨などは、農耕に即したもの。小暑、大暑、小寒、大寒など気温を現したもの。
雨水、白露、霜降などは気象を現したもの。啓蟄は、暖かくなって虫が穴から出てくる様子。
二十四節季は、太陰暦を使っていた昔、気候と暦の間に出来るずれを解消するために、気候に合わせて作られたもの。

二十四節季を意識して、日本の四季をより深く楽しむこともできる。

風流という言葉があるが、風流とは何だろうか。
季節を感じる事に他ならない。
これは行事によって感じるものではなく、自然から感じ取る感覚を養わなければ、気づかないこともあるだろう。

何気ない日常を漫然と過すだけならば、こういった小さな変化にも気付かない。
だから毎日が退屈、などというのではなかろうか。

暇になったらタバコを口にするのだが、違った暇の過ごし方を考えてみるのも一興。
これこそ、風流な一歩の始まりか。

ほっと一息オフィス
エクセルシフト表取込機能付き勤怠管理
Excelのシフト表で勤務実績を一覧できる・勤怠管理システム
biz-work.jp/
関連:www.inmoboulevard.com

«