幅広い層に人気の高いフレーバーティー

お茶には緑茶などの日本茶のほかにもウーロン茶のような中国茶、紅茶、ハーブティなど様々な種類がありますが、最近味や香りに特徴を持たせたフレーバーティというお茶が密かな人気を呼んでいます。

春には茶葉に乾燥させたサクラの花びらが入ったお茶、夏には南国フルーツの香りがする紅茶など、季節感あふれるお茶がシーズンごとに販売されています。
また、ラムネやレーズンと言った一風変わった香りのものもあります。

フレーバーティと言えば紅茶にフレーバーをつけたものが主流ですが、緑茶のフレーバーティもあり、和菓子にも合うようです。
また特殊な製法でカフェインを抜いたノンカフェインのフレーバーティもあり、妊娠中や授乳中のお母さんでも安心して飲むことができ、幅広い層に支持されています。

こうした嗜好品は、毎年のように流行となるものが入れ替わり立ち替わる世界です。
その流れに乗るだけの人もいれば、既にウン十年もの間に嗜んできた人もいるわけです。
前者をスイーツという俗語で嘲笑することもインターネット文化の中にはあるようですが、何事も上辺だけでは軽くみられるものですね。

原理原則や本質を知ろうとしないのは、全ては教育過程にあると思います。
例えば学校と言うところは、教科書をベースに学ぶわけですが、それが全てであるかのように親が振る舞ってしまうことで、視野狭窄のまま、子どもが大人になってしまいましす。

就職してから、苦労させますよ。

«
»