娘の担任は20代の女の子

先日、私が夕食の支度をしている時、小学校3年生になる娘が突然「お母さん、これチョモラしていい?」と話しかけてきました。
手にはテーブルに置いてあった茹でたとうもろこし。

意味がわからずチョモラって何と聞きかえすと、なんと「ちょっともらう」ことだと言うのです。
学校で覚えてきたのは明白だったので、誰ちゃんがそんな事言っているの、と思わず言うと、学校の先生だと言うではありませんか。

毎日お昼の時間になると、担任の教師が余った給食を高く掲げて「はい、だれかチョモラする人!」と叫び、欲しい人は手を挙げるようになっているとのこと。
言われてみれば娘の担任はまだ20代の若い女の子。

抗議したいような、もはや仕方ないと諦めたいような、複雑な気持ちです。
が、どうも我慢ならなかった保護者の方がいたようで、この騒動は急速に収束していったのは、言うまでもありません。
やはり試験と教育実習程度で、いきなり「先生」という制度は、考え直してもらわなければならないですね。

人間的な成長途上であり、社会勉強不足の大学卒業したての経験不足が明らかな人物を、即戦力で使うというのは、どこの企業もやってないことです。
数年間の研修を経てから、各学校に赴任して欲しいところですね。

こういった時代に合わない、教職員の任用制度が、学級崩壊の一因でもあるのではないでしょうか。
幸い、教職を目指す人は、まだまだ多いようですが、逆に早々と見切りをつける人も多いようですね。

辛抱や努力では変えられない何かがある限り、結婚指輪を仕立てることも出来なくなるかもしれません。
先生もプライベートでは、カラコンを付けて闊歩したりするのでしょう。

«
»