結婚式費用の節約

婚活はいつの間にか、流行語になっていました。
結婚したいのですが、お金がありません。これは結婚待ちの人たちの大きな悩みでしょう。

結婚式の費用というものは、その内容により大きく異なりますが、ほとんどが招待客の人数によって決まるといってもいいので、その概算金額を簡単に計算することができます。

招待客1人当たり大体3~4万円でしょう。
例えば、100人でしたら、300万~400万円くらいになると思います。
お金を節約するため、披露宴をやめたり、リゾート結婚にしたりするなど、いろいろできますが、それでも何十万円かかるのでしょう。

この間見た番組ですが、500円で結婚式ができました。
結婚式の司会を育成する学校があります。

学生たちの実践のため、500円で本当の結婚式をあげることができます。
自分の負担を減らすとともに、一生懸命やってくれる学生たちにとっても、人生の1つの思いになるのでしょう。

親からの資金援助を充てにしている若者婚約者も多いそうです。
年収が抑えられており、預貯金の知識や実行力も無い若者が世帯を運営していけるはずがありません。
これは、そのような自立の訓練を怠った親の責任です。

親世代は、資金提供が当たり前という考え方があるのは、自分たちが資金で苦労した経験があり、それを子には経験させたくないというのが動機です。
これでは、いつまで経っても親のスネかじりを許容しているも同然なんですね。

経済力は家計力でもあるのです。
暇さえあれば、パソコンに向かって、オンラインカジノ情報収集のサイトを見ても、お金は貯まらないのと同じですね。

仲良く石垣島でダイビング体験
新婚旅行など特別な日は南国のリゾートで開放的な気分を満喫すると人生が最高に幸せに感じます
www.blue-water-divers.jp/

»